NEW!2017年7月「甲府研磨産地見学バスツアー」レポートvol1

江戸時代、昇仙峡や金峰山で水晶の原石が発見されたことをきっかけに、
水晶研磨の技術が高まり、しだいにジュエリー全体が産業となった山梨県。
ジュエリー関係者以外の方は意外に思われる方も多いのですが、
じつは現在、山梨県は日本のジュエリー出荷額の3分の1を担っています。

そんな山梨県・甲府の宝石研磨などの職人さんたちの工房を巡る
バスツアーが7月6日・7日の1泊2日で開催されました。
山梨県庁主催、台東デザイナーズビレッジとジュエリー研究会ムスブは
コーディネーターとして協力しています。
今回は15名のジュエリーデザイナーさん、クリエイターさん、小売店さんたちが
晴れわたる青空のもと、新宿駅西口に集合しました。
さあ、ツアーの始まりです!

2017_summer 1174 (1024x768)
2017_summer 1172 (1024x768)

バスの中でマイクを回して自己紹介。バスが走る高速の脇はしだいに、
もりもりの緑が鮮やかな山並みが多くなっていきます。
2017_summer 1176 (1024x768)

最初の訪問先はシミズ貴石。
手摺りで180面の「桔梗カット」を生み出す、
世界で唯一の技を持つ研磨職人・清水幸雄さんが出迎えてくださいます。
研磨の手順を軽妙にお話しされながらも、研磨する手はノンストップ。
やすりの面の粗い研磨台から、徐々に滑らかな研磨台へと場を移動(話しながら)
レモンクォーツの原石がぴかぴかな宝石に変化し、一同「おおおー!」
こちらは種類豊富な原石のストックも自慢。
「このツアーで来られた方は次はお一人で来て、朝から原石を見て
ここを摺ってくださいと面を指定される方も多いですよ(笑顔)」と清水さん。
0043_original (1024x683)

2017_summer 1196 (768x1024)0054_original (1024x683)

0057_original (1024x683)

0063_original (1024x683)

2017_summer 1205 (1024x768)

お昼は山梨名物、吉田うどんの店「戸田うどん」。
毎回驚くこの太さ。甘じょっぱいお汁がなんとも病みつきになるのです。
吉田うどんのルーツは、機織りが盛んなこの地域、機織りで忙しい女連に代わり、
男連がごはんを担当。ゴツイ男の手で練るうどんだからして、
こんなに太くなったのだとか。あと、「太いほうが腹持ちがいい」という
もっともな理由もあるそうです。

2017_summer 1212 (1024x768)
0066_original (1024x683)

パンパンのお腹をさすりながら、徒歩で「かいてらす」で開催中の
『ジェムストーンフェア』へ。
各ブースのスペースが広く、店員さんにあれこれ質問しながら
ゆっくりと商品が見られるのがこのフェアのいいところ。
あっという間に時間が過ぎます。

本日最後の訪問先、「貴石彫刻のオオヨリ」と「詫間宝石彫刻」へ。
両所は50メートルほどという距離で、
若き研磨職人の大寄智彦さんと宅間康二さんは
「トモ」「タクマさん」と呼び合う幼馴染です。

お2人ともその技術と知識、センスの良さで
コラボレーションのリクエストがひきもきらない人気の工房。
どちらもお父さんが現役で、父子が一つ屋根の下で研磨に取り組む様子は
これぞ日本のモノづくり、という趣き。
クリエイターさんからの信頼が厚いのも納得です。

0071_original (1024x683)

大寄父・大寄芳朗さんと、息子・智彦さん。
ほんわか雰囲気の素敵な研磨父子です。

0076_original (1024x683)

0082_original (1024x683)

こちらは「詫間宝石彫刻」の詫間康二さん。
0094_original (1024x683)

康二さんは彫金の勉強もされているため、金属と石との両面から
アイデアが豊富。風貌からして「兄キィ」と呼びたくなりますね。
康二さんは石の「研磨」と「彫刻」の違いも丁寧に説明してくださいました。
前者が、原石を珠やファセット、カボションの石に磨き上げる作業、
後者が、原石に彫刻を施して仏像や器などを仕立てる作業。
時代の変化とともに両方を手掛けるようになった工房もあれば、
どちらかに特化している工房もあるそうです。
詫間宝石彫刻はもともとは彫刻からスタートしていて、お父さんの悦二さんは大ベテランの彫刻士。

笑顔も素敵です(中央)
0110_original (1024x683)

さてさて、本日の残す予定はツアー参加者×地元の職人さんとの交流会のみ。
会場へ向かう途中、
大寄さんが自分のブランドの商品を販売するショップ「To Labo」と、
地元職人さんたちからの信頼も厚い、グローリーデザインの後藤晃一さんが
展開する「1DK」を訪問。
いつか自分のお店をと夢を膨らませるクリエイターさんたちにとって
ディスプレイや店のつくりなど、とても参考になったようです。

To Labo
0136_original (1024x683)

0128_original (1024x683)

1DK
0121_original (1024x683)
0120_original (1024x683)

2017_summer 1225 (1024x768)

交流会では展示会の情報やよく行く道具屋さん、気になる石など
つくり手ならではの情報交換があちこちで花開きます。
そして毎回恒例、シミズ貴石の清水専務が手摺りした宝石が賞品という
なんとも太っ腹な大じゃんけん大会に会場は沸きに沸きました。

0143_original (1024x683)

0165_original (1024x683)

交流会は間髪いれずに2次会へとつづき、
甲府の熱い夜は更けていくのでした。

カテゴリー: ムスブスタッフブログを読む パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing