第22回ムスブセミナーのお知らせ『見て、触れて、参加する! ジュエリーオークションツアー』

〔タイトル〕

『見て、触れて、参加する!

ジュエリーオークションツアー』

講師:原田信之氏(株式会社JAAG代表)

〔開催日〕

4月6日(金)セミナー&オークションジュエリー下見会

・・・13:00~15:00 (受付)12:30~

4月7日(土)ジュエリー&ウォッチオークション(本番)*要事前登録

・・・13:00~ (受付)12:30~ 

*4月7日のオークション(本番)は自由参加です。参加される方は6日のセミナー終了後に事前登録をご案内します。
*オークション(本番)も原田さんが同行くださいます。落札検討品へのご相談などがある方は、お気軽にご質問ください。

〔内容〕
日本でもジュエリーや宝石を受け継ぐことが身近になった今、ジュエリーオークションが大いに注目されています。とはいえ、「何だか敷居が高そう」「誰でも参加できるの?」などなど、不安に感じる方も多いのでは?そんなオークションビギナーのために、今回はJAAG(ジュエリー アドバイザー アンド ギャラリー)代表の原田信之さんと一緒に巡るオークションツアーを企画しました。「ルースから量産品、逸品からアンティークまで、玉石混交のあらゆるジュエリーが揃うのがオークションです。下見会では手に取って見られますし、オークションに通い続けるとジュエリーに精通しますよ」と原田さん。カタログの見方から、ジュエリーを見るポイント、オークションの落札方法までのレクチャーが受けられる貴重な機会です。

〔講師プロフィール〕
創業1908年。日本で初めて宝石入り指輪を商業ベースで販売した株式会社諏訪貿易にて、約34年間に渡り、宝石の海外買い付けとジュエリープロデューサーを務める。同時に、オークション会社からの依頼により、持ち込まれるジュエリーの査定も行う。2017年より諏訪貿易の新系列会社JAAG(株式会社ジュエリーアドバイザーアンドギャラリー)の社長に就任。
JAAG  https://www.jaag.jp/

〔会場〕
毎日オークションハウス
〒135-0063 東京都江東区有明3-5-7TOC有明ウエストタワー5階
JR・りんかい線  国際展示場駅から徒歩3分
https://www.my-auction.co.jp/access/

〔参加費〕
3000円(オークションカタログ代込み)
*オークションカタログはセミナー当日、受付時にお渡しします
*参加費は当日、会場受付にてお支払いください。

〔募集人数〕
50名程度

〔参加申し込み方法〕
メールもしくはFAXでお申込ください。
(メールタイトル「ムスブ22回参加申し込み」でお願いします)
*記載事項*
1) お名前(フリガナ)
2) ご職業・ご所属
3) メールアドレス
4) ご住所(カタログ配送先)・電話番号
5) 参加内容(4月6日・7日の両日参加/6日のみ)

〔申し込み先〕
info@jewelry-musubu.com
fax: 03-6886-2727

*お申込みくださった方には必ずご返信を申し上げます。もし、3日経っても事務局からの受付完了通知がない場合、送信のトラブルが考えられます。お手数ですが、もう一度事務局宛てにメールもしくはファックスにてご連絡ください。

カテゴリー: 【開催したイベント】ムスブセミナー&交流会, ニュース | コメントする

(申込締切り)「研磨産地バスツアー」開催します!

(おかげさまで満員御礼、申し込みは締め切りました)
今年も開催します!山梨県主宰、台東デザイナーズビレッジ、ジュエリー研究会ムスブ協力のバスツアーです。

宝石研磨や金属加工などの職人たちの工房を巡る、産地ならではの企画です。往復のバス代(新宿西口発)などの交通費が無料というのも魅力、今回は訪問先をギュッと凝縮、日帰りで参加しやすいツアーになっています。

【日 程】
平成30年2月28日(水曜日)
9時00分  新宿駅西口出発(予定)
22時00分  新宿駅西口到着(予定)
(ムスブスタッフの宮坂もコーディネーターとして参加します。ぜひぜひお気軽にお声がけください)

IMG_8885 (768x1024) (2)

IMG_3616 (681x1024)

IMG_3613 (1024x681)
IMG_3600 (1024x683)
*このほか、過去のツアーの様子はこのサイトでご紹介しています。ページをスクロールください

〔対象〕
■甲府の宝石産業に関心のある方 ■自分のデザインを形にしたい方
■発注の仕方が分からない方、ジュエリー作りのパートナーを探している方、■ショップやバイヤーの方も大歓迎です。

【行程(予定)】
9:00 新宿駅西口出発

  • 有限会社 網倉天然石(多品種の石を扱い、県内外のデザイナーとの取引も多数)
  • 貴石彫刻オオヨリ(水晶などへの繊細な彫刻、研磨を活かした新しいジュエリーづくり)
  • 詫間宝石彫刻(ダイナミックな彫刻と金属加工。デザイナーとのコラボ多数)
  • 株式会社 シミズ貴石(ファセットカットの名人がいる工房、多数仕入れた原石から加工依頼可能)
  • 依田貴石(手擦りでしかできない自由でユニークな宝石加工)
  • 交流会(各工房の職人への相談などができます)

22:00 新宿駅西口着

【留意事項】
・新宿への帰着時間については、交通状況等により前後することがあります
ので予めご了承ください。
・巡る工房等を予告なく変更する場合もございますので予めご了承ください。

【募集定員】
15名程度
※基本的に産地企業の取引対象となり得る業界関係者に限らせていただきます(1 ブランド 1 名でお願いします)
※原則、初回参加の方を優先させていただきます。
※定員を超えた場合は抽選となる場合がございます

【参加費用】
往復のバス代などの交通費は無料です。
食事代(交流会は\4,000円程度、昼食は\1,000円程度)は自己負担

詳細 https://www.pref.yamanashi.jp/chiikisng/jewelry_tour/h28no1.html

【お申込み】
県 HP http://www.pref.yamanashi.jp/chiikisng/jewelry_tour/2017/oubofomu.html
にある申込みフォームにて2月19日(月)17時までにお申し込みください。
フォームでの申込みが出来ない方は下記問い合わせ先までご連絡ください。

【お問合せ】
山梨県地域産業振興課 北村・渡邉
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1543   ファクス番号:055(223)1534

カテゴリー: 【開催したイベント】ムスブセミナー&交流会, 甲府研磨産地ツアー | タグ: , | コメントする

ぞくぞくセミナー準備中。

ジュエリー業界の職種の垣根を飛び超えて、学び、交流するコミュニティ
ジュエリー研究会ムスブ

クリエイターさん、デザイナーさん、職人さん、ショップスタッフ、小売店さん、PRさんetc どんな方でもご参加いただけます。

ジュエリーに関心がある方なら、ジュエリー業界にいまいま就いていらっしゃらない方でも大歓迎です。

みんなでヨコにつながり交流を広げ、日本のジュエリーをより楽しく、より元気にしましょう。

ムスブは参加しやすい、とっても気軽な会です。セミナーやツアーの企画、ぞくぞく準備中。

間もなく、春の企画もお知らせを開始します。みなさまとお会いできる日を楽しみにしています。

ジュエリー研究会ムスブ スタッフ一同

 

カテゴリー: ニュース | タグ: | コメントする

本年もよろしくお願いします

newyear

カテゴリー: ニュース | コメントする

2017年7月「甲府研磨産地見学バスツアー」レポートvol2

2日目はジュエリーミュージアムで水晶研磨体験からスタート。
立方体にカットされた水晶の原石を研磨盤で磨き、
ファセットをつけ、ぴかぴかに磨き上げます。
講師は貴石彫刻オオヨリの大寄智彦さんと、
河野水晶美術の河野誠さん。
立方体の水晶にマジックでファセットをつける目安の線を入れたら、
研磨スタートです!

0210_original (1024x683)
0218_original (1024x683)0223_original (1024x683)0249_original (1024x683)0268_original (1024x683)0270_original (1024x683)

回転する研磨盤に石を押し付け、面を磨いていきます。
それにしても前日、職人さんたちがやすやすとされていた研磨がこんなに難しいとは。
ファセットがゆがんだり、面がナナメになったり。
大寄先生、河野先生にヘルプいただきながら、
2時間半で全員が研磨を終えました。
磨く前の曇りガラスのような状態の水晶も味のあるものですが、
磨き終わった後のキラリとした透明な輝きはやはり格別。
それが自分で磨き上げたとなると!一同感激もひとしおです。

0310_original (2) (1024x683)

0320_original (1024x683)

昼食はつめたいほうとう「おざら」。
刻んだお揚げとネギが浮いた甘じょっぱいお汁につけるざるそば方式。
麺が幅広でしこしこです。

0339_original (1024x683)0338_original (1024x683)

お腹がふくれた後は、先ほど研磨体験の指導もしてくださった
河野さんの工房、河野水晶美術へ。
お父さんの道一さんは現代の名工。サロンに置かれた作品の美しさに、一同どよめきが起こります。

0349_original (1024x683)

0351_original (1024x683)

0352_original (1024x683)

0358_original (1024x683)

道一さんは石を見ながら、その石の景色に合わせて
どんなものを作るかを考えるのが大好きだそう。
むかし「遊びでつくった」という石の指輪も斬新で素敵です。

そしてツアー最後の訪問先、依田貴石へ。
「何十年も変わっていない」という工房はイスではなく板間に座る式の研磨台。
この道50年になる依田和夫さんいわく「昔っからこれだから。一番やりやすい」
「これね、ルチル。綺麗でしょう」
「こうして磨いていくとね、最後はこうなるんだわ」
などなど、言葉の端々に石への、研磨への愛情がうかがえます。
最後は参加者へお土産もくださって、一同さらに大ヨロコビです!

0397_original (1024x683)

0417_original (1024x683)
0435_original (1024x683)
0429_original (1024x683)

これにて1泊2日の工房訪問先は終了。
帰路途中、フジッコワイナリーでワインテイスティング体験。
暑い中、冷えた白ワインの美味しかったこと!

0474_original (1024x683)0484_original (1024x683)

18:00、新宿西口にバスは無事到着し、ツアー終了。
山梨のジュエリー産業と甲府の魅力を満喫した2日間でした。
参加者間にもコラボレーションのアイデアがいろいろと芽生えた様子、
今後の展開が楽しみです。

カテゴリー: 【開催したイベント】ムスブセミナー&交流会, ニュース, 甲府研磨産地ツアー, 開催セミナーレポート | タグ: | コメントする