NEW!2017年7月「甲府研磨産地見学バスツアー」レポートvol2

2日目はジュエリーミュージアムで水晶研磨体験からスタート。
立方体にカットされた水晶の原石を研磨盤で磨き、
ファセットをつけ、ぴかぴかに磨き上げます。
講師は貴石彫刻オオヨリの大寄智彦さんと、
河野水晶美術の河野誠さん。
立方体の水晶にマジックでファセットをつける目安の線を入れたら、
研磨スタートです!

0210_original (1024x683)
0218_original (1024x683)0223_original (1024x683)0249_original (1024x683)0268_original (1024x683)0270_original (1024x683)

回転する研磨盤に石を押し付け、面を磨いていきます。
それにしても前日、職人さんたちがやすやすとされていた研磨がこんなに難しいとは。
ファセットがゆがんだり、面がナナメになったり。
大寄先生、河野先生にヘルプいただきながら、
2時間半で全員が研磨を終えました。
磨く前の曇りガラスのような状態の水晶も味のあるものですが、
磨き終わった後のキラリとした透明な輝きはやはり格別。
それが自分で磨き上げたとなると!一同感激もひとしおです。

0310_original (2) (1024x683)

0320_original (1024x683)

昼食はつめたいほうとう「おざら」。
刻んだお揚げとネギが浮いた甘じょっぱいお汁につけるざるそば方式。
麺が幅広でしこしこです。

0339_original (1024x683)0338_original (1024x683)

お腹がふくれた後は、先ほど研磨体験の指導もしてくださった
河野さんの工房、河野水晶美術へ。
お父さんの道一さんは現代の名工。サロンに置かれた作品の美しさに、一同どよめきが起こります。

0349_original (1024x683)

0351_original (1024x683)

0352_original (1024x683)

0358_original (1024x683)

道一さんは石を見ながら、その石の景色に合わせて
どんなものを作るかを考えるのが大好きだそう。
むかし「遊びでつくった」という石の指輪も斬新で素敵です。

そしてツアー最後の訪問先、依田貴石へ。
「何十年も変わっていない」という工房はイスではなく板間に座る式の研磨台。
この道50年になる依田和夫さんいわく「昔っからこれだから。一番やりやすい」
「これね、ルチル。綺麗でしょう」
「こうして磨いていくとね、最後はこうなるんだわ」
などなど、言葉の端々に石への、研磨への愛情がうかがえます。
最後は参加者へお土産もくださって、一同さらに大ヨロコビです!

0397_original (1024x683)

0417_original (1024x683)
0435_original (1024x683)
0429_original (1024x683)

これにて1泊2日の工房訪問先は終了。
帰路途中、フジッコワイナリーでワインテイスティング体験。
暑い中、冷えた白ワインの美味しかったこと!

0474_original (1024x683)0484_original (1024x683)

18:00、新宿西口にバスは無事到着し、ツアー終了。
山梨のジュエリー産業と甲府の魅力を満喫した2日間でした。
参加者間にもコラボレーションのアイデアがいろいろと芽生えた様子、
今後の展開が楽しみです。

カテゴリー: ムスブスタッフブログを読む | コメントする

NEW!2017年7月「甲府研磨産地見学バスツアー」レポートvol1

江戸時代、昇仙峡や金峰山で水晶の原石が発見されたことをきっかけに、
水晶研磨の技術が高まり、しだいにジュエリー全体が産業となった山梨県。
ジュエリー関係者以外の方は意外に思われる方も多いのですが、
じつは現在、山梨県は日本のジュエリー出荷額の3分の1を担っています。

そんな山梨県・甲府の宝石研磨などの職人さんたちの工房を巡る
バスツアーが7月6日・7日の1泊2日で開催されました。
山梨県庁主催、台東デザイナーズビレッジとジュエリー研究会ムスブは
コーディネーターとして協力しています。
今回は15名のジュエリーデザイナーさん、クリエイターさん、小売店さんたちが
晴れわたる青空のもと、新宿駅西口に集合しました。
さあ、ツアーの始まりです!

2017_summer 1174 (1024x768)
2017_summer 1172 (1024x768)

バスの中でマイクを回して自己紹介。バスが走る高速の脇はしだいに、
もりもりの緑が鮮やかな山並みが多くなっていきます。
2017_summer 1176 (1024x768)

最初の訪問先はシミズ貴石。
手摺りで180面の「桔梗カット」を生み出す、
世界で唯一の技を持つ研磨職人・清水幸雄さんが出迎えてくださいます。
研磨の手順を軽妙にお話しされながらも、研磨する手はノンストップ。
やすりの面の粗い研磨台から、徐々に滑らかな研磨台へと場を移動(話しながら)
レモンクォーツの原石がぴかぴかな宝石に変化し、一同「おおおー!」
こちらは種類豊富な原石のストックも自慢。
「このツアーで来られた方は次はお一人で来て、朝から原石を見て
ここを摺ってくださいと面を指定される方も多いですよ(笑顔)」と清水さん。
0043_original (1024x683)

2017_summer 1196 (768x1024)0054_original (1024x683)

0057_original (1024x683)

0063_original (1024x683)

2017_summer 1205 (1024x768)

お昼は山梨名物、吉田うどんの店「戸田うどん」。
毎回驚くこの太さ。甘じょっぱいお汁がなんとも病みつきになるのです。
吉田うどんのルーツは、機織りが盛んなこの地域、機織りで忙しい女連に代わり、
男連がごはんを担当。ゴツイ男の手で練るうどんだからして、
こんなに太くなったのだとか。あと、「太いほうが腹持ちがいい」という
もっともな理由もあるそうです。

2017_summer 1212 (1024x768)
0066_original (1024x683)

パンパンのお腹をさすりながら、徒歩で「かいてらす」で開催中の
『ジェムストーンフェア』へ。
各ブースのスペースが広く、店員さんにあれこれ質問しながら
ゆっくりと商品が見られるのがこのフェアのいいところ。
あっという間に時間が過ぎます。

本日最後の訪問先、「貴石彫刻のオオヨリ」と「詫間宝石彫刻」へ。
両所は50メートルほどという距離で、
若き研磨職人の大寄智彦さんと宅間康二さんは
「トモ」「タクマさん」と呼び合う幼馴染です。

お2人ともその技術と知識、センスの良さで
コラボレーションのリクエストがひきもきらない人気の工房。
どちらもお父さんが現役で、父子が一つ屋根の下で研磨に取り組む様子は
これぞ日本のモノづくり、という趣き。
クリエイターさんからの信頼が厚いのも納得です。

0071_original (1024x683)

大寄父・大寄芳朗さんと、息子・智彦さん。
ほんわか雰囲気の素敵な研磨父子です。

0076_original (1024x683)

0082_original (1024x683)

こちらは「詫間宝石彫刻」の詫間康二さん。
0094_original (1024x683)

康二さんは彫金の勉強もされているため、金属と石との両面から
アイデアが豊富。風貌からして「兄キィ」と呼びたくなりますね。
康二さんは石の「研磨」と「彫刻」の違いも丁寧に説明してくださいました。
前者が、原石を珠やファセット、カボションの石に磨き上げる作業、
後者が、原石に彫刻を施して仏像や器などを仕立てる作業。
時代の変化とともに両方を手掛けるようになった工房もあれば、
どちらかに特化している工房もあるそうです。
詫間宝石彫刻はもともとは彫刻からスタートしていて、お父さんの悦二さんは大ベテランの彫刻士。

笑顔も素敵です(中央)
0110_original (1024x683)

さてさて、本日の残す予定はツアー参加者×地元の職人さんとの交流会のみ。
会場へ向かう途中、
大寄さんが自分のブランドの商品を販売するショップ「To Labo」と、
地元職人さんたちからの信頼も厚い、グローリーデザインの後藤晃一さんが
展開する「1DK」を訪問。
いつか自分のお店をと夢を膨らませるクリエイターさんたちにとって
ディスプレイや店のつくりなど、とても参考になったようです。

To Labo
0136_original (1024x683)

0128_original (1024x683)

1DK
0121_original (1024x683)
0120_original (1024x683)

2017_summer 1225 (1024x768)

交流会では展示会の情報やよく行く道具屋さん、気になる石など
つくり手ならではの情報交換があちこちで花開きます。
そして毎回恒例、シミズ貴石の清水専務が手摺りした宝石が賞品という
なんとも太っ腹な大じゃんけん大会に会場は沸きに沸きました。

0143_original (1024x683)

0165_original (1024x683)

交流会は間髪いれずに2次会へとつづき、
甲府の熱い夜は更けていくのでした。

カテゴリー: ムスブスタッフブログを読む | コメントする

『甲府ジュエリー産地バスツアー・夏』開催します!

今年も開催します!山梨県主宰、台東デザイナーズビレッジ、ジュエリー研究会ムスブ、
山梨県水晶宝飾協同組合協力のバスツアーです。

ジェムストーンフェア、宝石研磨職人の工房を巡り、研磨体験もできる、
産地ならではの企画です。

往復のバス代(新宿西口発)などの交通費が無料というのも魅力です。
*過去のツアーの様子はこのサイトでご紹介しています。ページをスクロールください

【対象】
■甲府の宝石産業に関心のある方 ■自分のデザインを形にしたい方
■発注の仕方が分からない方、ジュエリー作りのパートナーを探している方、
■ショップやバイヤーの方も大歓迎です。

【行程(予定)】
7月6日(木) 9:00 新宿駅西口出発(予定)
7月7日(金) 18:30 新宿駅西口到着(予定)
(集合場所など詳細は申込み後、別途案内いたします)
(ムスブスタッフの宮坂もコーディネーターとして参加します。
お気軽にお声がけください)

・ジェムストームフェア(山梨県内業者が一堂に集う原石・研磨石などの総合展示会)
・株式会社 シミズ貴石(ファセットカットの名人がいる工房、多数仕入れた原石から加工依頼可能)
・貴石彫刻オオヨリ(水晶などへの繊細な彫刻、研磨を活かした新しいジュエリーづくり)
・詫間宝石彫刻(ダイナミックな彫刻と金属加工。デザイナーとのコラボ多数)
・河野水晶美術(様々な技法を用いて、美しい彫刻を生みだす)
・依田貴石(手擦りでしかできない自由でユニークな宝石加工)
・水晶研磨体験(山梨ジュエリーミュージアムにて、甲府の職人に指導してもらいながら実際に宝石を研磨します)

【留意事項】
・新宿への帰着時間については、交通状況等により前後することがあります
ので予めご了承ください。
・巡る工房等を予告なく変更する場合もございますので予めご了承ください。

【募集定員】
15名程度
※基本的に産地企業の取引対象となり得る業界関係者に限らせていただきます。(1ブランド1名でお願いします。)
※原則、初回参加の方を優先させていただきます。
※定員を超えた場合は、抽選となる場合がございます。

【参加費用】
往復のバス代などの交通費は無料です。
宿泊代(\6,000円前後)、食事代(交流会は\4,000円程度、両日の昼食は\1,500円程度)及び研磨体験(\500円から\1,000円程度)
ワイナリー見学(予定)は、自己負担となります。

【受付期間】
平成29年6月12日(月曜日)9時から6月23日(金曜日)17時まで

【詳細・お申込み】
県 HP http://www.pref.yamanashi.jp/chiikisng/jewelry_tour/2017/1kai.html

【お問合せ】
山梨県産業労働部地域産業振興課 担当:北村・渡邉
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1543 ファクス番号:055(223)1534

カテゴリー: ムスブスタッフブログを読む | コメントする

第21回セミナー&懇親会開催しました

6月10日、会場近くの鳥越神社がお祭りでにぎわう中、
第21回ジュエリー研究会ムスブセミナー&懇親会
「クラフトマンが語る、日本のジュエリー制作史(明治~現代)」
を開催しました。

講師をお務めくださった秋場邦彦さんはマイ白衣を着用。
こちらは、90年代に訪れたパリ研修の際、
アトリエの職人さんがみんな白衣を着て作業しているのを見て、
「ジュエリーの職人たるもの、作る時の服装にも気を配らねば」と
以来、着用するようになったそう。
豊かな白髪ときりっと清潔な白衣は、じつにぴったりとマッチされています。

セミナーでは、明治の開国以来、日本ではどんな人たちがジュエリーをつくり始めたか、
その時の技法、アール・ヌーヴォー、アール・デコ期の日本のジュエリーとその技法などなど、
豊富な資料とともにわかりやすく解説くださり、
また、「打ち出し」「電鋳(でんちゅう)」といった技法用語も
丁寧に説明いただき、
たいへん学びの多いセミナーとなりました。

終了後は近くの中華料理屋さんへ移動して、講師を交えての交流会をスタート。
ムスブの交流会は参加率が高いのが自慢なのですが(笑!)
今回はとくに職人さんたちのご参加も多く、
若いクリエイターさん、ジュエラーさんたちと
あちこちで繋がりの輪ができました。

「ジュエリーの未来をみなさんと一緒に考えていきたい」と
かねてより話されていた秋場さん。
交流会のシメでは
「今日はジュエリーのいろいろな職種の方々とお会いしまして、
わたしも楽しかったです。
これからみなさん、自分のお仕事でご活躍されていくと思いますが、
いつかお会いすることがあったら、
ぜひ『あのときあそこにいたよ』と話しかけてください。
そうしたら、今から先のお話がまたその時にできて、わたしもとてもうれしいです」
とお話しくださいました。

ヨコへ、未来へ繋がって、
日本のジュエリーが盛り上がっていったらいいなあという思いを
改めて強く思ったセミナーとなりました。

カテゴリー: ムスブスタッフブログを読む | コメントする

第21回セミナー&懇親会のお知らせ

〔タイトル〕

クラフトマンが語る、
日本のジュエリー制作史(明治~現代)

講師:秋場邦彦氏  (株)ミキモト装身具クラフトマン

〔開催日〕6月10日(土)16:00~18:00 

(受付)15:30~

〔内容〕
明治時代の幕開けとともに、日本の装身具(ジュエリー)は、新しい一歩を踏み出しました。明治初期には天賞堂(天賞堂印判店)、和光(服部時計店)、田中貴金属(田中商店)、ウエダジュエラー(植田商店)といった現代につづく宝飾店や、天野工場、第一工場、松山工場、清水商店などの宝飾品工場もつぎつぎに生まれました。
明治40年(1907年)には、御木本幸吉による御木本金細工工場(株式会社ミキモト装身具の前身)も操業。以降、「世界のMIKIMOTO」の歴史をつくります。
今回は株式会社ミキモト装身具のクラフトマンとして、数多くの逸品ジュエリーを手掛けてこられた秋場邦彦さんをお迎えし、明治~現代までの日本のジュエリーを「つくり」の面から振り返ります。
「ミキモトスタイル」をはじめ、MIKIMOTOジュエリーの歴史もお話いただきます。

FullSizeRender (4)

〔講師プロフィール〕
1953年生まれ。1971年、株式会社ミキモト装身具に入社。クラフトマンとして難易度の高い逸品の製作に数多く携わる。現在は工場名誉マイスター。2016年、卓越した技能者(現代の名工)認定。2008年、東京都優秀技能者(東京マイスター)認定。貴金属装身具製作一級技能士。2008年より東京都首席技能検定委員、2011年より技能グランプリ競技委員をつとめる。第12回インターナショナル・プラチナ・デザイン・コンテスト特別賞&プラチナギルド賞、第30回パールデザインコンテスト入賞。

〔会場〕
台東デザイナーズビレッジ
http://www.designers-village.com/
東京都台東区小島2-9-10

〔参加費〕
2500円

〔募集人数〕
50名程度


セミナー終了後、近くの中華料理屋さんで講師を交えての懇親会を開催します。
講師にセミナー中できなかったご質問をお尋ねいただいたり、皆さまのお仕事に繋がる出会いの場になればと思います。
お名刺やブランドリリース等ありましたらお持ちください。*参加は希望者のみ、懇親会の参加のみも可です。

〔懇親会開催時間〕
18:20~20:30

〔懇親会参加費〕
3000円予定(料理・ドリンク代込み)

〔参加申し込み方法〕
メールもしくはFAXでお申込ください。
(メールタイトル「第21回ムスブ参加申し込み」でお願いします)

*記載事項*
1) お名前(フリガナ)
2) ご職業・ご所属
3) メールアドレス
4) ご住所・電話番号
5) 参加内容(懇親会の参加の有無/デザビレ居住者の方は参加費無料です。ご明記ください)

〔申し込み先〕
info@jewelry-musubu.com
fax: 03-6886-2727

*お申込みくださった方には必ずご返信を申し上げます。
もし、3日経っても事務局からの受付完了通知がない場合、送信のトラブルが考えられます。お手数ですが、もう一度事務局宛てにメールもしくはファックスにてご連絡ください。

カテゴリー: ムスブスタッフブログを読む | コメントする