セミナーレポート 梶原昭雄さん『迷える名工のジュエリー打ち明け話』(前編)

2020年3月、現代の名工・梶原昭雄さんが旅立たれました。
1960年、御木本真珠店に入社されて以来
戦後日本のジュエリーとともに歩み続けた
仕事への気概と誇りにあふれるジュエリー職人でらっしゃいました。

ジュエリー研究会ムスブセミナー&交流会では
2012年9月8日
「迷える名工の打ち明け話」
をご講演いただきました。
セミナー終了後の交流会で、お酒が大好きな梶原さんが顔を赤らめながら
若手クリエイターさんたちの質問に丁寧に答えていらしゃったことが
ほんの少し前のことのように思い返されます。

梶原さんへの哀悼と感謝の気持ちを込めて、
当日のセミナーの採録をお届けします。
梶原さんの盟友でいらっしゃる
ジュエリー工房フィーゴの坂元亞郎さんにも
大変お世話になりましたことをお礼申し上げます。

(講師プロフィール)
1960年(株)御木本真珠店入社。細工から仕上げまで一貫して製作する
高度な原型製作技能は、高い評価を得ている。
その技術は、昭和皇后陛下のブローチなどの正装用ジュエリーに活かされてきた。
また東京貴金属技能士会での講師を務め、
ものづくりの楽しさを教えるなど技術継承への貢献も高い。
フィーゴ・坂元亞郎氏に続き、2006年に「現代の名工」に選ばれ、
2010年には「黄綬褒章受章」を受章。
現在はジュエリー工房フィーゴの副代表を務める。2020年逝去。

カテゴリー: 【開催したイベント】ムスブセミナー&交流会, 開催セミナーレポート タグ: , , , パーマリンク